社労士とは

社労士とは、社会保障制度に関する法律のスペシャリストです。

 

日本には国民の生活を守るために、様々な法体制を作り上げています。

・労働者を保護する「労働基準法」
・失業者を救う「雇用保険法」
・健康を害した人の生活を守る「健康保険法」
・老齢者の退職後を保障する「国民年金法・厚生年金法」

などです。

 

個人の立場から、これらの法律をみると、各種法令に定められている通りに国へ請求すれば、国から生活保障が受けられます。

 

一方、企業の立場からみると、上記の法令に基づき、様々な届け出を提出したり、事務手続きをすることが義務づけられています。保険料を算出して納付するといったお金に関する作業も発生します。

 

しかし、これらの手続きは複雑なため、専門知識が無い人間が行うのは困難です。これでは、社会保障制度が機能しないということで、事務手続きの代行を行う専門家として、社労士という資格が設けられました。

 

いわば、社労士というのは個人・企業をサポートして、社会保障制度を機能させる潤滑油のような存在と言えます。

 

社労士という仕事

そのため、社労士の業務には個人を相手にする仕事、企業を相手にする仕事がありますが、実情としては企業をサポートする形の仕事が主となっています。

 

また、企業相手の業務内容については、事務手続き代行だけでなく、人事労務に関するアドバイスを行うコンサルティングも主要業務となっています。依頼元企業から人事の専門家として期待されているのが社労士と言えるでしょう。

 

最近の社労士の仕事事情

最近では、より高度な知識・経験・能力を求められるようになってきているのが社労士です。これはビジネス自体が複雑化していることに加えて、社労士の数が増えてきているので、同業者との競争に勝ち抜くためには、より優れたパフォーマンスを発揮する必要があるためでもあります。

一昔前(一世代前)では、社労士と言えば『先生』と言われチヤホヤされる職業、黙っていても仕事には困らないような職業でした。でも、今はそんなことは言っていられません。常に自己研鑽を怠らないプロフェッショナルとしての姿勢が求められます。

社労士という職業を選ぶのであれば、その覚悟を固めましょう。

banner.jpg


※行政書士として年収1000万円を達成した横須賀輝尚が、その課程で気付いたコツをまとめたレポート。士業者として成功を出すためのポイントが分かりやすく解説されています。

このページの先頭へ