勤務社労士と開業社労士、どちらがあなた向き?

社労士は大きく分けると、勤務社労士と開業社労士、どちらがあなた向き?の2つに分かれます。前者は企業に勤務する形態、後者は自分で開業する形態です。

 

勤務社労士 

社労士事務所や民間企業などに務めている人達です。独立して自分で仕事をするのではなく、どこかの組織に所属して、そこのスタッフとして働くという業務形態です。

 

資格を取得後、その専門性を評価されて企業に採用される人もいれば、元々、企業の人事部や総務部で働いている人が、より高い専門性を身につけるために資格を取得するというケースもあります。

 

開業社労士 

独立して自分で事務所を構えて仕事をしている人です。独立・開業を考える人は多いかもしれませんが、正直な話としては、誰もが向いているというわけではありません。

 

結局会社の経営者になるわけですから、仕事に関する全ての責任が自分にきます。収入が保証されているわけでもありません。実務だけをやっていればいいというだけでなく、事業に関する全てのことを、こなさなければいけないので、ハードルは非常に高いものとなります。

 

自分の努力次第と言えば、良い風に考えれば、頑張ることで人並み以上の収入を得られるということですが、逆に言えば、どれだけ頑張っても結果が出なければ無収入ということです。

 

開業社労士に要求される資質

会社員のように決まった時間働いていれば、とりあえず給料が保証されるといったことはありません。リスクも成功するためのハードルも高い職業です。それだけに成功したときの見返りは大きいですし、収入を抜きにしても、自分の思うように仕事が出来るという自由さや満足感も得られます。

 

ただし、必ず結果を出さなければならず、そのプレッシャーは大きいものとなります。そのプレッシャーに耐えられるということが独立して、自分でやっていくための最低条件と言えるでしょう。

 

実際、独立して成功する人というのは、こういったプレッシャーを楽しめるタイプです。ちょっと変な話をすると、辛い状況、困難な状況が好きというM的な発想も出来るタイプでもありますが、一言でいえば、神経が図太いのは間違いありません。

 

度胸があるとも言えますが、最初からそんな性格をしていたのではなく、独立して自分でやらなければいけない状況に追い込まれて、必要に迫られて、だんだんそんなふうになっていったという人もいます。

 

元々、おとなしくて独立するなど想像もつかないというような人が、いつの間にか、バリバリの経営者になっていたなんて話は珍しくありません。人間は環境に育てられる面もあるので、あえて、そんな状況に自分を置くというのもアリです。

 

結局のところは、資質というのはどうにでもなるので、本当にやりたいかどうかということだけです。本当に自分がやりたいことであれば、独立後の大変さなど乗り越えることが出来ます。

 

失敗する人は、年収や自由な時間、地位といった甘い言葉に惑わされて、本当は自分がやりたくないようなことに手をだす人です。社労士として、自分が何をしたいのか。自分とジックリ向き合って考えることが大切です。

banner.jpg


※行政書士として年収1000万円を達成した横須賀輝尚が、その課程で気付いたコツをまとめたレポート。士業者として成功を出すためのポイントが分かりやすく解説されています。

このページの先頭へ