複数の資格を取って独立するダブルライセンスはアリ?

社会保険労務士と行政書士というふうに、複数の資格を取って独立起業するという人は決して少なくありません。いわゆるダブルライセンスというものですが、この社労士と行政書士というふうに、仕事が密接に関係している資格を組み合わせれば、士業家としての価値を高めることができます。

 

実際にこのダブルライセンスで成功されている方は、たくさんいます。

 

また、行政書士試験に合格したら次は社会保険労務士、あるいはその逆のことを資格系の予備校などは『次の資格試験のステップ』として指導していることも多く、それゆえこのダブルライセンスがもてはやされる原因となっています。

 

資格ひとつだと不安だからという理由でダブルライセンスを目指される方も多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

ダブルライセンスというだけでは成功出来ない

結論からいえば社労士だけでももちろん成功できますし、ダブルライセンスでも成功できます。

 

しかし、複数の資格を持っているからといって、必ずしも有利とは限らない面もあります。資格が増えれば仕事の種類も増えるわけで効率は落ちますし、何よりお客様から見て仕事の内容がわかりにくくなるというデメリットもあります。

 

何でもアリの百貨店よりも、家電用品店・スポーツ用品店というふうに、何かのジャンルに特化した専門店のほうが人気があるように、仕事も●●の専門家というほうがお客様にPR出来ます。

 

使い方によっては、ダブルライセンスは有効な手段となりますが、そのためには、それをどう活かすのかという明確な目的意識が必須です。最終的なゴールを描いてから資格取得を考えるのが無難でしょう。

 

まずは1つの資格で勝負する

まだ、そこまでイメージが湧かないという人は、社労士であれ行政書士であれ、まずは一つの資格をとり、実務経験を積むことで、その業務に精通することを心がけましょう。実際に仕事として取り組むことで見えてくることもあるからです。

 

資格の勉強をしているよりは、資格を活用して稼ぐという経験を積むほうが役立ちます。特に実務経験が無い人、少ない人というのは、まずは場数を踏むことです。それから資格の組み合わせを考えるといったことをしても十分間に合います。

 

1つのジャンルで実績を積み上げ、その道のプロとして認知された後であれば、別の資格を取得して、仕事の幅を広げることは強みになります。『税理士の●●さんが、社労士の資格もとったので、税務だけでなく、人事労務の相談出来るようになったので有り難い』となります。

 

でも、実績も何もない人が税理士と社労士の資格をもっていると、どちらが本業なの?と言われ、かえって良い印象を与えられないものです。

 

まずは1つの資格で勝負する。それがダブルライセンスで成功するための最短ルートです。


banner.jpg


※行政書士として年収1000万円を達成した横須賀輝尚が、その課程で気付いたコツをまとめたレポート。士業者として成功を出すためのポイントが分かりやすく解説されています。

このページの先頭へ