社労士として実務経験を積むためのやりかた

こちらのページ『独立前に実務経験はどれくらい積むべき?』において、社労士として独立・開業を目指す人にとって、実務経験を積むということは決して必要事項ではないとお伝えしました。社労士としての実務経験

 

ただし、考え方として、どうしても実務経験を積みたいという人もいるでしょう。そういった人のために実務経験の積み方をまとめてみます。

 

実務経験を積むには働く場が必要です。社労士事務所で働く、もしくは企業の人事部で働くかのいずれかになるでしょう。

 

社労士事務所で働くケース

実務経験を積むという意味では最適な場ですが、話はそう簡単ではありません。まず、求人を募集しているような事務所は殆どありません。

 

社労士事務所というのは個人や少人数でこじんまりとやっているところが多いので、スタッフを必要とするケースは希です。ハローワークに行ったり、求人誌をチェックしても、求人案件は殆どありません。

 

それこそ、自分から飛び込みで『雇ってください』と求職活動をする必要があります。

 

ちなみに、それで働く場所が得られたとしても待遇は決して良いものではないことを覚悟しましょう。給料は時給であったり、固定給をもらえるにしても月収10万円台というのが普通です。

 

これは雇う側の気持ちを考えれば、よくわかります。

 

社労士として駆け出しのあなたは戦力になるかどうかもわからないですし、しかもゆくゆくは自分のライバルになるわけです。そんな人間を好待遇で雇う理由はありません。実務経験を積むのは修行と割り切りましょう。

 

企業の人事部で働くケース

企業の人事部で働くという選択肢もありますが、この場合、当然企業は戦力になる社員を求めていますから、普通の就職活動と一緒になります。今の時代、そう簡単に就職が決まることはないということは言うまでもないと思いますが、そういった状況のなかで仕事を掴まなければいけません。

 

ここまで読み進めてきて勘の良い方であれば気づいたかもしれませんが、仕事を得るということ自体も営業です。

 

だまっていて仕事が入ってくるということはありません。『どうすれば雇ってもらえるのか』ということを徹底的に考えて行動しましょう。その経験は独立したときにも役立ちます。

 

 

お金をもらわずに働くという考え方

最後に、これはちょっとした発想の転換としてお伝えしますが、将来のために実務経験を積むと割り切るのであれば、お金をもらわずに働くという考え方もあります。

 

『お金はいらないので、修行させてください』といえば、働かせてくれる事務所もあるでしょうし、創業者が社長を務めるような小さな会社であれば、社長さんに気にいってもらえれば、仕事をくれるかもしれません。

 

無給というと話が飛躍しすぎかもしれませんが、相場より安いお金で働くというのは十分にあり得ます。

 

一般的な常識からは少し離れた考え方かもしれませんが、最終目的が独立ということであれば、これぐらいの独自性をもって行動したいものです。こういった発想は開業社労士として活動する時にも、必ず役立ちます。

banner.jpg


※行政書士として年収1000万円を達成した横須賀輝尚が、その課程で気付いたコツをまとめたレポート。士業者として成功を出すためのポイントが分かりやすく解説されています。

このページの先頭へ