社労士試験の受験資格

社会保険労務士試験は希望すれば誰でも受講出来るというものではありません。

 

下記の受験資格のうちいずれかを満たしていることが条件となります。大卒、行政書士資格を所有する人、弁護士や社労士の補助業務経験が3年以上ある人であれば、無条件でOKですが、それ以外の人だと、細かい要件を満たしている必要があります。

 

受験資格の一覧を記載しておきますので、該当しているかどうかご確認ください。

 

  • 大学において学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終わった者又は短期大学若しくは高等専門学校を卒業した
  •  

  • 大学において62単位以上を修得した者
  •  

  • 旧高等学校令による高等学校高等科、旧大学令による大学予科又は旧専門学校令による専門学校を卒業し、又は修了した者
  •  

  • 上記に掲げる学校等以外で、厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を修了した者
  •  

  • 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者
  •  

  • 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
  •  

  • 司法試験予備試験、旧法の規定による司法試験の第一次試験、旧司法試験の第一次試験又は高等試験予備試験に合格した者
  •  

  • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く。)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  •  

  • 国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  •  

  • 行政書士となる資格を有する者
  •  

  • 社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人又は弁護士若しくは弁護士法人の業務の補助の事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  •  

  • 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者又は会社その他の法人等の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者
  •  

  • 労働組合の職員又は法人等若しくは事業を営む個人の従事者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  •  

  • 全国社会保険労務士会連合会において、個別の受験資格審査により、学校教育法に定める短期大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
  •  

    受験なしで社労士になれる条件

    補足ですが、弁護士資格を持つ人であれば、受験なしの無条件で社労士になれます。参考までに。

     

     

    banner.jpg


    ※行政書士として年収1000万円を達成した横須賀輝尚が、その課程で気付いたコツをまとめたレポート。士業者として成功を出すためのポイントが分かりやすく解説されています。

    このページの先頭へ